バキューム式新梅 粕梅搬送投入設備

 

2-1-1-13_01.jpg

 

従来梅酒の製造工程で、梅酒を醸造するタンクに、新梅を投入する作業や、醸造し、梅酒を抜き出した後の粕梅の取出作業は、殆んどのユーザーが人手により行っていました。
果実である梅の取り入れの時期が一斉の為、短期間に投入しなければならず、又、粕梅も残留するアルコール雰囲気の中での作業の為、大変な重労働でした。
それらの問題を一挙に解決するばかりではなくの、人件費や設備費用、ゴミを大幅に軽減する装置を開発し、実績を積み実証が済み、今年度より積極的な販売を開始しました。
外装や、接する部分は全て、クリーンなステンレス製です。
上部写真は実際に粕梅を60m搬送後の状態の写真です。

装置の特徴

  1. 新梅の投入と粕梅の排出が1台の装置で可能です。
  2. 醸造タンクの上蓋からの投入、排出の為、既設の設備(転用)がそのまま使用出来、設備投資が小額で済みます。
  3. 梅の実を傷つけずに新梅の投入、粕梅の排出が可能ですので、品質のコントロールが容易です。
  4. 排出した粕梅は、商品としての転用が可能です。
  5. バキューム式の為、粕梅排出の際に作業員がタンク内で作業を行う場合に、新鮮な空気が流入する為、換気効果により作業環境が大幅に改善されます。
  6. 配管距離が60m(高さ15m、横送り45m)で、1.5t/hrからの機種をラインアップし、ユーザー様の御希望により、距離や能力をアレンジする事も可能です。
  7. 前後の新梅洗浄装置、選別装置等も含めて、設備の自動化が出来ます。
  8. 装置には、全て食品規格を満足した材質を使用し、証明書等の提示も可能です。
  9. 梅に限らず、全ての果実に転用可能な技術ですので、他の果実でお悩みの方も是非一度御検討下さい。

PAT.D
 

このページの詳細についてのお問い合わせはこちら