シャトルローダー(医薬品仕様製作可能)

 

shuttle_loader.jpg

 

新しい発想の搬送装置です。

従来の搬送装置にはない新発想の空気輸送装置です。
現在、回転する混合機、移動する容器などには固定式の搬送装置が使用できず、装置の停止時に上方から落下供給するのが通常でしたが、工場のレイアウト直上に開口部が設置できない、又、コンタミの問題から上部解放が好ましくない等のユーザーの要望に応え、遠隔自動脱着可能なコンベアであるシャトルローダーが登場しました。
シャトルローダーは旋回自動脱着装置(リニア移動脱着装置)、真空式搬送装置、制御盤で構成され、特に真空式搬送装置の下部に設けられた自動調芯シール機構により、混合機等の容器に完全にドッキングし、搬送物を容器内部に投入することができる装置です。

シャトルローダーの特徴

  • 自動脱着が可能になったのでラインの自動化が可能になりました。又、作業者がプラント内に立ち入らないで作業できる為、細菌やコンタミの影響が少なくなりました。
  • 容器内を真空にするタイプは排出部等の駆動部がない為、構造がシンプルで異物混入の危険性が少ない。又、連続バッチの為、バグフィルターが閉塞する迄、連続吸引搬送ができ、搬送能力が大幅にアップしました。
  • リニアタイプは投入先が多く、搬送のタクトが長い場合、多数台の投入が可能になった為、プラントのコストを大幅に下げる事が可能です。

 

2-1-1-4_06.jpg


 

 

このページの詳細についてのお問い合わせはこちら