連続吸引式粉体搬送装置 ツインベアー(医薬品仕様製作可能)

twin.jpg 

こんな搬送装置が欲しかった!

従来の搬送装置の欠点を全て改善した新発想の空気輸送装置です。
現在、空気輸送には圧送式、吸引式の2通りがありますが、圧送式には閉塞しやすい、粉体の飛散の危険性がある、機構上受け側、送り側の装置が必要、搬送空気が下流側の軽量機に影響を与える、コストが高い等の欠点がありました。
一方吸引式では機構上バッチ式の為、特に垂直配管中の粉体が、搬送装置排出時に降下、プラグを形成し閉塞する現象が発生、又、毎回配管中の真空を大気圧に上昇させる為、著しくエネルギーをロスしていました。
吸引式の欠点を無くし、圧送式の連続性を特徴とする吸引式搬送装置が新登場しました。

PAT.P

ツインベアーの特徴

  • 連続吸引式ですから、吸引ノズルから粉体が落下しません。
  • 連続吸引式ですから、搬送装置排出時の粉体落下による閉塞が起きません。
  • 連続吸引式で高真空維持方式の為、搬送能力が大幅に改善しました。

【柱状搬送、高濃度プラグ搬送】

  • 独自の逆洗機構理論によりバグフィルター、搬送装置内に粉体が残りません。
  • 吸引式ですから、粉体の飛散の危険性が他方式に比較してありません。
  • 粉体排出は大気圧開放になりますので、下流側の装置に影響を与えません。
  • 吸引式ですので吸引側はノズル等の簡便な装置が使用できます。
  • 吸引式の為、搬送配管中で粉体が他方式に比較して閉塞しません。
  • 真空源にブロア、エゼクターを用意、必要真空度、エネルギーロス等の諸条件にも対応しました。

 

2-1-1-7_06.jpg


 

 

このページの詳細についてのお問い合わせはこちら