マテハンロボット用真空ポンプユニット

 

2-1-5-2_01.jpg

 

従来のマテハンロボットはワークをピックアップする時に、先端の開閉シリンダーによりホールドするのが通常でした。
しかし、ワークが破損しやすい場合は、真空を利用し、真空吸着により、ワークを搬送する方法が取られています。
この時、ワークの違いによるアタッチメント交換が必要ないように、吸着パッドは多くの水平方向に直交する穴を持つパッドを使用するのが通例でした。
このような場合は、その吸着パッドから多くの粉塵、ゴミが真空ラインに混入し、真空ポンプ破損、フィルターを使用している場合でも、頻繁な清掃が必要でした。

 

2-1-5-2_03.jpg

 

特徴

  1. 真空源は低騒音ブロアを使用していますので、静かです。(669db以下)
  2. 低騒音ブロア採用の為、エジェクター方式比較して、省エネです。(当社比で、年間¥1,200,000の電気代が浮きます。)
  3. 吸引された粉体は捕集回収され、自動排出されます。
    ダストボックスの清掃は、装置を止めることなく出来ますので、止められないライン、24H稼働のラインには最適です。
  4. フィルターは新開発の高性能フィルターを採用、最高0.3μmの粉塵を99.95%の捕集が可能です。
    フィルターの清掃はエアーパルス式自動逆洗装置を装備、自動的にリフレッシュされます。
  5. 移動式の為、ライン変更、メンテナンスが容易です。
     

このページの詳細についてのお問い合わせはこちら